CentOS7でWORDPRESS①~子テーマ作成~

WORDPRESSのメニューで実施できないような独自カスタマイズをする場合
子テーマを作成して、その中のファイルを編集することが推奨されている。
そうする事で、使用しているテーマ(親テーマ)をアップデートしたとしても、自身でカスタマイズした内容を維持する事ができる。

◆WORDPRESSの推奨カスタマイズ方法
①WORDPRESS「themes」直下にディレクトリ作成
②作成した子テーマディレクトリに「style.css」など必要なファイルや編集したファイルをコピーする
必要なファイルは親テーマによって必要なファイルが異なるのでドキュメントを確認。
「style.css」の冒頭コメント部の編集が必要
③作成した子テーマを有効化する
④カスタマイズをする時は、子テーマ側を編集する

(例)ECサイト用テーマ Welcart_Basic を例に説明
※welcart_basic ver1.7以降

参考:https://www.welcart.com/docs/themes/welcart_basic/child_theme.html

◆子テーマ作成
①子テーマ用ディレクトリ作成

# cd /var/www/html/<WORDPRESSセットアップディレクトリ>/wp-content/themes
# mkdir welcart_child

②所有者およびパーミッション変更

# chown apache:apache -R ./welcart_child
# chmod 755 -R ./welcart_child

③CSS作成

style.css
# vi ./welcart_child/style.css
 /* 
 Theme Name: Welcart Basic Child
 Description: Welcart Basic Child Theme
 Author: Collne Inc 
 Template: welcart_basic
 Version: 1.0.0                
 */

usces_cart.css (テーマ独自CSS : WelCartでは必須になる)
# cp -a ./welcart_basic/usces_cart.css ./welcart_child/

④functions.php 作成

# vi ./welcart_child/style.css
<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}

⑤子テーマ有効化
自サイトのWORDPRESSに管理者ログイン
「外観」>「テーマ」の中に作成した子テーマがあるので有効化
※親テーマ「welcart_basic」は無効化されます